現在開催されているヨーロッパリーグだが、
キエフで行われたFCディナモ・キエフとフランスのEAギャンガンの試合で暴動が発生した。
あるウクライナの政治家はフランスサポーターに暴動発生の原因があるとして批判している。
また、オランダ・ロッテルダムではプラスチックのバナナが原因で試合が中断する騒ぎも起こっている。

2月26日木曜日にロッテルダムで行われたフェイエノールト(Feyenoord Rotterdam)対ASローマの
試合中に物が飛ぶ騒ぎが起こり、2度試合は中断された。
この日の試合では、ロッテルダムだけで42名のサポーターが逮捕されたと報じられている。

Europa_League
screenshot AFP

Sponsored Link


ウクライナ・キエフで行われたFCディナモ・キエフとEAギャンガンの試合では、
3:1の局面で政治的な集団暴動が発生した。
この影響で試合は10分間中断する騒ぎとなった。
この暴動を抑えるべく、FCディナモのキーパー
Alexander Schowkowskiもセキュリティと一緒にファンの仲裁へ入っていた。

参照:
FAZ