サッカー日本代表次期監督の有力候補に浮上している前アルジェリア代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)が、就任へ前向きな姿勢であることが11日、分かった。

現時点で他に元レアル・マドリード(スペイン)監督でドイツ出身のベルント・シュスター氏(55)、カタールリーグ・ラフウィヤ監督で元デンマーク代表MFのミカエル・ラウドルップ氏(50)の名も欧州メディアに有力候補として挙げられており今後の動向に注目が集まっている。

その中でもハリルホジッチ氏との交渉が一気に本格化の様相を呈してきており東欧に太いパイプを持つ関係者が、「彼は日本代表監督の就任に前向きと聞いている。交渉成立の可能性は十分にある」と証言もしている。

Vahid Halilhodžić

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・ラウドルップやらシュスターやら出てるけどハリホジッチが一歩行ってる感じかな。

・ちょっと歳とりすぎていないか?もっと若い監督の方がいいような気もする。

・アルジェリアを率いた手腕は評価すべき所があるよね。

・誰が監督になってもいいよ。強くさえなればね!

・やっぱりヨーロッパの監督になるよね。

・そろそろ決めなきゃいけない頃合いだね。

・色々な意味で今までにない強い代表を作れる人に決まるといいね!

 

参照:

Facebook/Twitter