ドイツ・ブンデスリーガ1部ハンブルガーSV(HSV)はヨーゼフ・ツィンバウアー監督の解任を発表。

ブンデスリーガ創設以来、唯一降格経験のないHSV。

後任はシーズン終了までペーター・クネーベルSD(スポーツディレクター)が務める。

HSVは、昨季同クラブを残留に導いたミルコ・スロムカ氏が引き続き指揮を執っていたが、開幕から3試合で1分2敗とスタートダッシュに失敗。昨年9月にスロムカ氏を解任し、U-23を率いていたツィンバウアー監督を昇格させた。

それでも改善されず、現在はリーグ戦6試合未勝利で16位に低迷。

今季終了までは同SDが指揮を執る予定だが、すでに来季に向けての監督の人選も進んでおり、23日のドイツ紙『ハンブルガー・アーベントブラット』によれば、元マインツのトーマス・トゥヘル氏と交渉を進めている模様。

Joe Zinnbauer

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・HSVは史上初の2部降格?

・残留できるといいけどどうだろう。

・監督変えても良くならないと思う。

・2部には絶対落ちたくない!!

・ここ数年いい結果を残せていない。

・2部の落ちてきなよ!ザンクトパウリとダービーだ!

・今回の交代で全てがよく変わることを願うばかりだ。

 

参照:

Facebook