ドルトムントは15日に会見を開き、同クラブを率いるユルゲン・クロップ監督が今シーズン限りで退任することを発表。

同監督は、2008年にドルトムントの指揮官に就任し、今シーズンで7年目を迎えており。これまで、2010-11シーズンにブンデスリーガを制覇。翌2011-12シーズンはリーグ戦連覇と、DFBポカール優勝の二冠を達成していた。

しかし、今シーズンのブンデスリーガでは苦戦。リーグ戦序盤で5連敗を喫するなど、スタートダッシュに失敗し一時は最下位まで順位を落としていた。ウインターブレイク明けから復調したかに思われたが、直近2試合で連敗。第28節を終えて10位と、来シーズンのチャンピオンズリーグはおろか、ヨーロッパリーグの出場権獲得も厳しい状況に陥っている。

2018年まで契約を残していたクロップ監督だが、今シーズン終了をもって退任することが決定した。

cropp

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・なんてことだ!!クロップのいないBVBはBVBではない!

・あと1年はやって欲しかった。

・結果を求められる厳しい世界だ。

・監督替えた所でチームが良くなるとは思えない。

・クロップはどこのチームに行くのか気になる。

・2連覇した時は本当にびっくりした。

・是非ドイツ代表の監督に!

 

参照:

Facebook