澤穂希選手が引退を発表しました。スポーツ選手には、いつかは訪れるものです、
とても残念だけれども、心からお疲れ様とありがとうを言いたい、というのが、
この知らせを聞いた多くの人の気持ちなのではないでしょうか。

特にサッカーは、皆さんもご承知の様に、試合中は走り続けのハードな競技です。
澤選手、本当にかっこいい女性でした。いえ、これからも格好よい女性でいてくれる筈です。
男子のサッカーこそ、Jリーグの立ち上げで野球にまけないメジャーなプロスポーツになりましたが、
女子サッカーは、震災後のなでしこジャパンの活躍以前は、決して大きく注目を浴びる競技ではありませんでした。

Homare_Sawa

Sponsored Link


澤選手の生き方のカッコ良いところは、例えばまだメジャーではなかったその女子サッカーに打ち込み、
渡米してプレイする為に大学を中退するなどの、思い切った決断でしょうか。
日本でプロが華々しく活躍している花形スポーツではないのに、将来を考えて不安はなかったのか、
家族は止めなかったのかと、平々凡々な自分ではとても出来ない冒険に驚きます。

その後、米国での女子プロリーグ廃止を受けて日本に帰国してプレイ、
そしてあの2011年のFIFA女子ワールドカップでの日本初のW杯優勝に大きく貢献して、
世界中の称賛を浴びるわけです。澤選手自身もFIFA最優秀選手賞を受賞していて、
これは今年ですが、FIFA女子ワールドカップ最多出場でのギネス記録にも認定されるほどのすごい選手なのですが、
男子サッカーのスター選手を前にすると、なでしこジャパンの仲間たちと、
いかにも“女の子”といった風にはしゃぐ可愛らしい姿も忘れられません。
早くも“なでしこ監督にはいつ就任、、、?”などの下馬評も出ていますが、
澤選手の引き続きカッコ良い活躍を心から期待します。ですよね?