ドイツのタイトル王バイエルンとドルトムントは現在まだ15歳のノルウェーのマーティン・ウデガルトに注目している。
ドルトムントのクロップ監督はすでにウデガルトにコンタクトを取り話したことことをウデガルト自身話している。
同チームディレクターのツォルク氏は「彼はヨーロッパ・サッカーの次世代での最も大きな才能を持つサッカー選手の一人です。
クラブとしてそのような選手を事前に見つめることは私たちの課題です」

バイエルン・ミュンヘンのスカウト・ディレクターのタルナート氏も同様に語る。
「若くしてそのような実力を出していれば、当然私たちバイエルンも興味を持ちますよ」

10月中旬に行われたヨーロッパ・チャンピョンズリーグの予選のブルガリア戦での勝利で最も若いプレーヤとして歴史を書いた選手は、
当然他のヨーロッパのトップチームのリストにも上がっている。
レアルマドリードにいたっては、ウデガルトに練習場をプレゼンするためプライベートジェットで現地まで来させたとのことだ。

Sponsored Link


海外の反応

ドルトムントが本気でやれば、ウデガルト君の獲得も夢じゃないよ。

まずは、小さめのクラブに行くべきだよ。それでまずは出場チャンスを得ないと!

まだそんなに若い選手を獲ろうとするなんておかしいよ。まずは、自分のチームで育ってから他へ行くべき。でも今の世の中こんなもんなんだよな〜

アヤックスが彼の年齢でも合っていると思うよ。彼自身それを言ったわけだし、そこでプレーすると思うけどな。

クロップが今のブンデスの順位表を見せたかどうか気になるが。

 

参照:

eurosport