2015年11日セリエA第18節

ラツィオとのローマダービーで2得点を挙げたローマのFWフランチェスコ・トッティ(38)が“自撮り”パフォーマンスでサポーターを沸かせた。

試合を振り出しに戻す一撃を決めたトッティはゴール裏のサポーターの元へ駆け寄り、右手を突き上げて喜びを表現。

そしてスタッフからスマホを受け取ると何やらメッセージを打ち込み、続いてサポーターをバックに写真撮影をするパフォーマンスを披露。トッティはこの行為でイエローカードを貰った。

尚、試合はそのまま2―2の引き分けで終了。

selfy_totti

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・あはは、これは新しいパフォーマンス!

・試合中にSNS更新か、新しい!!笑

・イエローカードもらう覚悟でこのパフォーマンスは気合が入っているね!

・そのうち他の選手も真似するだろうね!

・セルフィーブームがここまで、笑

・イエローカード貰ってしまったけどファンとしてはこういうのは面白いしいいと思う。

・秩序が保たれていればある程度は許される行為じゃないかな。

・用意しておいたってことは点を決める自信があったことだね!

 

参照:

Facebook