ドイツ代表で現在プレミアムリーグのチェルシーでプレーするアンドレ・シュールレが
ブンデスリーガの現在2位のヴォルフスブルクに移籍する話が流れていたが、
ドイツのメディア・transfermarktによればVfL ヴォルフスブルクはシュールレへの興味を否定したと伝えている。

André Schürrle_アンドレ・シュールレ

Sponsored Link


メディアによればヴォルフスブルクはアンドレ・シュールレに約3000万ユーロ(日本円・約40億円)を提示したとのことだ。
チェルシーでの契約は2018年までで、今季は途中出場の選手というポジションから脱せず、
22試合に参加するもプレー時間は938分だ。
その中で5ゴールを決めている。先週土曜日のBradford Cityとの試合(2:4)ではベンチ入りもしていなかった。

今週末から各リーグの試合が再開されるが、
今週に最後の移籍ラッシュが起こるだろう。

参照:
transfermarkt
BBC