ブンデスリーガ第30節ボルシア・ドルトムントvsアイントラハト・フランクフルトの試合が2015年4月25日に行われた。
ドルトムントが2:0でフランクフルトに快勝した。

この試合でピエール=エメリク・オーバメヤンが24分に、
香川真司が32分にそれぞれゴールを決めた。
アイントラハト・フランクフルトに2:0で快勝し、ドルトムントは8位まで浮上した。

ShinjiKagawa

Sponsored Link


今回の試合では、キーパーのロマン・ヴァイデンフェラーは背中の痛みで欠場、
マルコ・ロイスはベンチスタート。
また、マンチェスター・ユナイテッドに移籍するとされているイルカイ・ギュンドアンは欠場している。

ドルトムントがフランクフルトに圧勝への海外反応

昨年のドルとは打って変わって、今年のドルの上がり方には目を見張るものがる。

クロップが辞めることがわかってから、さらにチームは調子良くなったね。

クロップに花道を歩かせようとする選手たちのエモーションが伝わってくるのは気のせい!?

ギュンドアンはマンチェスター行き決定なのかな?

香川も最近調子よくなってきたね。クロップ辞めて、動くのかそれとも留まるのか。いずれにしても、もう一度ブンデスで行くとこまで行ってほしい。

今年はマインツが岡崎が調子いいね。このまま行けば、グラッドバッハあたりに移籍かな。

 

参照:
Spiegel Online
FAZ
Twitter