ブンデスリーガ第17節今年最後となる試合の初戦は日本代表岡崎慎司が所属するFSV マインツ 05とバイエルンミュンヘンだ。
結果は1:2でバイエルンミュンヘンが勝利した。
21分にマインツのエルキン・ソトのゴールでマインツが先制して試合は始まったが、
今季怪我でなかなか出番のなかったバスティアン・シュバインシュタイガーが、今試合24分に今季初ゴールを決めた。
後半終了間際まで非常にいい戦いを繰り広げたが、
90分にアリエン・ロッベンが今季10得点目となるゴールを決め、バイエルンが勝利を決めた。

21分:エルキン・ソト(マインツ)
24分:バスティアン・シュバインシュタイガー(バイエルンミュンヘン)
90分:アリエン・ロッベン(バイエルンミュンヘン)

この試合で得点を決めた事でロッベンは現在得点王争いで2位に位置している。
1位はアイントラハト・フランクフルトのアレキサンダー・マイアー。

Schweinsteiger_バスティアンシュバインシュタイガー

Sponsored Link


シュバインシュタイガーのゴールで今年を締めくくるバイエルンへの海外反応

決めたね!シュバイニー!

ロッベンは最後の最後までとんでもない緊張感持ってるなw

今季は今のところどのチームもバイエルンを倒せずか。。。

来年もこの調子で優勝までいきそうだな〜

レヴァンドフスキさん最近勢い衰えてきたんじゃ。

参照:
FAZ