2014/2015シーズン・ブンデスリーガも残すところ4試合となった。
これまでに来季の移籍など様々噂が飛び交っている。
ドイツのKickerの情報を少しまとめてみた。

・イルカイ・ギュンドアン(ボルシア・ドルトムント)
ギュンドアンがイギリス・プレミアリーグ・マンチェスター・ユナイテッドに移籍する噂が飛び交っている。
一部メディアではすでにギュンドアンとチーム側が同意しているという説もあるが、
ドルトムントの経営者のハンス・ヨアヒム・ヴァツケ氏はこれを否定している。

・バスティアン・シュヴァインシュタイガー(バイエルン・ミュンヘン)
シュヴァインシュタイガーのバイエルン・ミュンヘンとの契約は2016年までとなっているが、
昨年のワールドカップの少し前に選手とチーム側で話され延期された契約の延長の話しはその後進んでいないようだ。
一部筋では、シュヴァインシュタイガーの未来の可能性としてアメリカが挙げられているようだ。

Bastian_Schweinsteiger

Sponsored Link


・ユルゲン・クロップ(ボルシア・ドルトムント)
先日ドルトムントからの退団を発表したユルゲン・クロップ監督だが、
イギリス・プレミアリーグのアーセナルに移るという噂が飛び交っている。
これが本当に決まれば、ヴェンゲル監督の後継者としてアーセナルを引っ張っていく事になる。
しかし、ヴェンゲル氏は今回のクロップ監督の突然の引退発表をポジティブには見ていないようだ。

・ジョゼップ・グアルディオラ(バイエルン・ミュンヘン)
バイエルンをリードし、ブンデスリーガのみならずヨーロッパのリーグの中でもバイエルンの圧倒的な強さを誇示したグアルディオラ監督。
今グアルディオラ氏が、バイエルンとの契約が切れ次第、マンチェスター・シティーに移るという話が出ている。
元イングランド代表のポール・スコールズはインデペンデント紙の中でバイエルンとの契約がきれた後に、
マンチェスター・シティーでの仕事を受け入れるだろうと書いている。

ブンデスリーガ2015/2016シーズン移籍への海外反応

バイエルンの移籍事情は本当に気になるな。今年儲かっただろうから次は一体誰を入れるのだろう。

ドルトムントもターニングポイントを迎えるね。この間契約更新したロイスもバイエルン移籍の話もまた出てるもんね。クロップが出て行く事で色々変わるだろうね。

てかヴォルフスブルクに移籍した中国人のチャンって一体何やってるの?
参照:
Kikcer
Twitter
Screenshot from Sportbild