今年1月に行われたサッカー・バロンドールでは最優秀プレーヤーを逃したものの、
ドイツ代表を2014年ワールド杯優勝へ導き、
ブンデスリーガではバイエルン・ミュンヘンの守護神としてチームをリードするマヌエル・ノイアー。

2015年2月27日に行われた第23節FCケルンと対決したバイエルン・ミュンヘンだが4:1で快勝をおさめた。
この試合で華麗なセービングを見せつけたノイアー。
FCケルンも試合後にバイエルンのキーパーを讃えている。

Manuel Neuer
screenshot DPA

Sponsored Link


試合後にはバイエルン監督のペップ・グアディオラはノイアーに駆け寄り、
感謝の気持ちを込めてハグをした。
「ノイアーは試合中にちょうどいいタイミングで2回卓越した動きを見せてくれた」と
バイエルン監督は試合後の記者会見で話した。

FCケルン戦では、シュヴァインシュタイガー、リベリー、ロッベン、レバンドフスキがゴールを決めた。
現時点でアリエン ロッベンは17得点で今季ブンデスリーガの得点王首位を独走している。

参照:
FAZ