2014年ブラジルワールドカップで優勝を果たしたドイツ代表。
大会中もドイツ代表の奥さん、彼女、パートナーが美しいと多くのメディアが報じていた。
中でも、代表主力のシュヴァインシュタイガーの元彼女サラ・ブランドナー(Sarah Brandner)が美人であると評判だ。

元彼女と書いているのも、大会中までは、シュヴァインシュタイガーと交際していたが、
大会後、残念ながら破局を迎えてしまったようだ。

Sponsored Link


サラ・ブランドナー(Sarah Brandner)はモデル、ファッションデザイナー、司会、女優とマルチタレントな人物だ。
2010年の南アフリカワールドカップ大会中には、アメリカの雑誌「Sports Illustrated」の水泳着の項でボディーペイント撮影をお披露目した。
2011年にはドイツの男性誌「FHM」のセクシーな女性2011年の4位に輝いた。
さらに、2013年には映画出演も果たし、2014年からは、ニューヨークコレクションに出ているファッションブランド「Lili Radu」のバッグのデザインを行っている。

彼女が当時18歳だった時にミュンヘンのファッションストア「Apartment 20」で偶然シュヴァインシュタイガーに出くわしたのだ。
その時彼女は全身ピンクの洋服を着ていた。シュヴァイニーは「パンプス込みで彼女はほぼ190cmくらいだった」と言う
その後、イビザでまたもや偶然に再会することになる。
最初のキスはミュンヘンだったようだ。待ち合わせ場所ははそこのファッションストアだった。そこにある椅子は彼の愛のシンボルだった。
後に彼らはこの椅子を購入し、お互いのイニシャルのS(Sarah)とB(Bastian)の刺繍を入れた。

2008年ヨーロッパカップの時はまだサラ・ブランドナーは学校に通っていた。
彼女は毎朝シュヴァイニーと彼の愛車のAudi Q7で通学していた。
同級生曰く「彼女は本当に目立っていたよ。彼女が通るとみんな見ていました。でも彼女は本当に感じのいい人でした」
すでに15歳の時にモデルのスカウトをされていたサラ。

しかし、ワールドカップブラジル杯後、ニューヨークでシュヴァインシュタイガーがテニスの女王アナ・イバノビッチ(Ana Ivanović)と手を繋いで歩いているところを目撃された。
シュヴァイニーのこの騒動後、サラとシュヴァイニーの破局が報道されたのだ。
「バスティアンなしでも私の人生は先に進みます」とサラ。

サラ・ブランドナー_Sarah Brandner

ドイツ代表シュヴァインシュタイガーの元カノ・サラ・ブランドナーへの海外反応

サラの今後の活躍も期待しているよ。

正直言うと、シュヴァイニーがいなかったら今のキャリアはなかったってことだよね。

シュヴァイニー様々だね。

サラは、他のドイツのプレイヤーの彼女よりも遥かに美人だよ。背も高いし、クラウディア シファー的なね。

シュヴァイニーはモデルからアスリートをパートナーに選んだんだな。

怪我から戻った、シュヴァイニー。今はサッカーに集中してください。

 

参照:

Bild
FAZ

サラ・ブランドナー