2014年のブラジル・ワールドカップ

で使用された「ブラジルの首都ブラジリアにある「エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリア」は1974年にオープンした古いスタジアムでありW杯開催のために3億5000万ポンド(約640億円)を投じて大改修が行われ、7万を超えるキャパシティを持つ現代型スタジアムに生まれ変わった経緯を持つ。

大会中は以下の試合に使用された。

・スイス対エクアドル戦
・コロンビア対コートジボワール戦
・準々決勝のアルゼンチン対ベルギー戦
・3位決定戦のブラジル対オランダ戦

そんな立派なスタジアムが維持費を捻出するために行政が行った活用法が話題に。

W杯終了後はブラジル1部リーグの試合が開催されておらず、地元クラブの試合では1万人程度しかスタジアムに集まらず“開店休業”の状態になっており、スタジアムの維持費は月に13万ポンド(約2300万円)と見積もられており、現在の状況ではランニングコストを支払うのがかなり難しくなっていた。

そんな現状に困った行政は、スタジアムの維持費を捻出すべく新たなスタジアム活用法を考案。

英メディア『Mail Online』によれば、この「エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリア」は現在、バスターミナルとして利用されており、スタジアムには毎日400台のバスが停車されており、バスプールとして機能しているようだ。

Estádio Nacional de Brasília

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・ブラジルが優勝していれば違っていたかもね!

・とてもよい活用法ではないかな。

・規模が大きすぎると逆にマイナスになってしまうからね。

・いい判断だと思う。

・観光名所化するのが一番よいでしょ。

・ブラジルのリーグを強化しないとね。

・サッカー以外での活用法もあるのではないかな?

 

参照:

Facebook