まだ発売までかなりあるもののすでにiPhone7の噂が巷では色々と広がっている。
エコノミーデイリーの情報によると、アップルは3DのiPhoneを作っているとのこと。
3Dをエフェクトを実現するためにメガネは必要ないそうだ。
その情報筋によると、それ故に3D効果を実現するソフトウェアも開発しているそうだ。
それを実現するためにアップルは、モニターの技術を変える必要がある。
つまり、部品販売会社を変える必要があるかもしれないということだ。

しかしながら、3Dの技術はすでに決して真新しいものというわけではない。
アマゾンはFire Phoneで、Nintendoは3DSでそのようなプロダクトをすでに生産している。
結局は、技術的な側面ではなく、3Dを搭載することでのユーザーへの付加価値というところで勝負が決まる。
これはアップルにとって、アッパルがいかに革新的な会社かを証明するにはいいチャンスだ。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c2/IOS_7_Logo.png

Sponsored Link


海外の反応は

7が発売される前にまずSが来そうだな。

多くのユーザーはおそらく、2015年ではなく、2016年発売だと思っているんじゃないかな。

他のサイトでもすでにiPhone7からiPhone6sの発売の記事に切り替わっているみたいだね。

 

 

参照:
Computerbild