セキュリティ企業の米Palo Alto Networksは11月5日、AppleのOS XとiOSを狙う新手のマルウェア「WireLurker」に関する論文を発表。

このWireLurkeマルウェアは「脱獄(通称Jailbreak、メーカーの制限が解除された状態)」させていないiOS端末にも感染するそうで国で大規模な攻撃が発生している模様。

WireLurkerは中国のサードパーティーアプリストア「Maiyadi App Store」で配布されていたOS Xアプリケーション467本に仕込まれているのことが現時点で分かっている。

ios8

Sponsored Link


感染ルートとしては、まずOS Xに感染してUSB接続されたiOS端末を監視し、脱獄させていない端末にもサードパーティーアプリや悪質アプリを自動的に仕込む流れの模様。

メディア各社の報道によるとこれといった対策は今のところなく「信頼できない場所からアプリケーションなどをダウンロードしてはならない」ということだけしか言うことができないという。

海外の反応

・個人的に無対策でも大丈夫だと思っていたAppleOS(iOS・Mac OS)も本格的にウィルス対策しなくてはならない時代に突入か。

・え、Macてウィルス対策しなくてもいいのが売りじゃなかったっけ?

・そりゃ、iPhone(iOS)が売れれば売れる程そこを狙う人も増えてくるわな。

・ところでWireLurkerてなんの目的があるの?ハッカーのただの遊び!?

・この先iOSやMacOSにウィルス・マルウェア対策ソフトを入れるのが必須になってくるのは勘弁だぜ!

これ以上マシンが重くする行為はしたくない。

 

参照:

各種フォーラム