X JAPANのドキュメンタリー映画『We Are X』が米・サンダンス映画祭で
世界初公開され、ハリウッド業界で大絶賛を受けた。
Sundance film festival
ユタ州パークシティで開催中のインデペンデンス映画を対象とした
“サンダンス映画祭”で、X JAPANのドキュメンタリー映画『We Are X』がワールド
・シネマ・ドキュメンタリー部門に選ばた。

Sponsored Link


22日、開会式会場でのオフィシャルパーティーにYOSHIKIが参加、映画祭の
創始者のロバート・レッドフォードのスピーチの前にアメリカ国家、「Forever Love」
などの、ピアノ演奏を披露した。
「WITHOUT YOU」演奏前にはHIDEの他界に触れ「痛みの矛先をどこに向けていいのか
解らず言葉にできない感情を形にした」と観客に説明、「今は亡きHIDE、TAIJI、
父に捧げます」とコメントした。
YOSHIKIのパフォーマンス後会場はスタンディング・オベーション、
拍手に包まれた。

翌日には業界関係者向けに『We Are X』のワールドプレミア試写会が行われ、
こちらも映画終了後スタンディング・オベーションが起きた。

『We Are X』はハリウッドで注目が高く、有名誌でも取り上げられている。

参考
Twitter