来年秋にジェームス・ボンドの24作目が公開される。
名前は「Spectre」(スペクター)。
このタイトルのスペクターは初期の007シリーズに登場していたボンドと対立する犯罪結社の名前なのだ。
今回悪役を演じるオーストリア人のクリストフ・ヴァルツ(Christoph Waltz)は宿敵ブロフェルドを演じる事になるのだろうか?
ボンド役を務めるのはもちろんダニエル・クレイグだ。
クレイグにとって今回でボンドを演じるのは4回目。

そして、多くの男性ファンから期待される、気になる次期ボンドガールだが、
2014年のベルリン映画祭で銀熊賞を獲得した映画「Grand Budapest Hotel(グランド・ブタペスト・ホテル)」に出演した、
フランスの女優レア・セドゥ(Léa Seydoux)が演じる事が決まっている。

撮影は、来週の月曜日からロンドン、オーストリアのゼルデン、ローマ、メキシコで始まる。

Léa Seydoux_レア・セドゥ

Sponsored Link


次期ボンドガールの仏女優レア・セドゥへの海外反応

とてもきれいな人!

ブタペストホテルの時の役とは全く違っておもしろいね。

ボンドガールのために映画館行こうかと思っている。

ダニエル・クレイグが羨ましいぜ〜

クリストフ・ヴァルツもいい俳優。非常に楽しみだね!
参照:
BZ
シネマトゥデイ

予告編