現在アメリカ合衆国を訪問しているウィリアム王子と夫人のケイト・ミドルトンだが、
初めてNBAの試合観戦を訪問した。
試合後、クリーブランド・キャバリアーズの愛称キングの
レブロン・ジェームズ(LeBron James)がウィリアムとケイトにユニフォームをプレゼントした。
また、1歳の子供のジョージへのみにユニフォームをプレゼントしたレブロン。
クリーブランド・キャバリアーズはこの日シーズン7回目の勝利をおさめた。

そして、ハーフタイムには、ウィリアムとケイトはミュージシャンのJay-Zとビヨンセ(Beyoncé)と会う機会があった。
試合中には、ウィリアムとケイトは度々モニターに映され、コメンテーターが観客に呼びかけると二人は熱い声援で歓迎された。

オバマ大統領を訪問したウィリアム王子

月曜日にすでにウィリアム王子はワシントンD.C.でオバマ大統領と会っている。
ウィリアム王子は世界銀行でスピーチを演説した。
その中で世界中で行われている違法な動物の密猟・密輸を批判した。

ちょうど9日にゾウ保護団体の「セーブ・ザ・エレファンツ」などは
アフリカでのゾウ密猟と中国における象牙の違法取引が制御不能」なっていることを発表し、
最悪のシナリオはあと1世代で野生ゾウが姿を消す恐れがあると警告する報告を公表した。
報告書野中ではこの4年間で卸売価格が3倍に高騰するなど、
中国で急増している象牙の需要は違法取引とアフリカでのゾウ殺りくを拡大質得る」と批判している。
また、2010年から2012年の間に10万頭以上のゾウが殺されたともこの中で指摘している。

ウィリアム王子はこの現状に対して対抗策を呼びかけている。
それは特別対策本部が密猟された動物や象牙の密輸が行われるところで、
輸送産業の役割に取り組むというものだ。

William&Kate_ウィリアム&ケイト

Sponsored Link


ケイト&ウィリアムがニューヨークでビヨンセと会うと動物・象牙密輸に対する海外反応

すごいセレブのご対面だな。

イギリス王室の2人がそこにいたら試合どころじゃないんじゃw

動物や象牙の密輸は今本当に問題になっているよね。こうやって国の代表がその活動をやっているというのは本当に素晴らしい。

ダイアナ妃も当時慈善活動とかやっていたな。

中国でも今象牙はとんでもない需要があるらしいね。マグロも同様。

 

参照:
Welt
時事通信