死因はエイズか?自分の死を知っていたプリンス

Todesursache von Prince

 

今月21日に自宅でインフルエンザにより急死した報じられているが、死因
の真相が明らかにされていない彼の死に、アメリカのメディアでは、薬物の
過剰摂取などの様々な憶測が取り上げられている。

プリンスのエイズ報道に対する海外の反応


米ゴシップ氏National Enquirerは新しく、プリンスさんが亡くなる半年前に
エイズの診断を受けていたのではと報じた。

同誌によれば、1990年代にはすでにHIVに感染していて、2015年に
エイズの診断を医師から受けていたという。しかしプリンスさんは医者
による治療を拒否していたといわれている

Sponsored Link


プリンスさんの友人は、彼が亡くなる前にすでに自分の死の準備をして
いたと語っている。
医師がプリンスさんに、彼の血球細胞が異常なまでに減少し体温は34度
にまで下がっていたとも内部者が話している。鉄分が非常に不足し、プリン
スさんの体は弱って、方向感覚もなくほとんど食事をとっていなかったという。

同誌によると、プリンスさんの家族は彼の死の真実を内密にしておきたい事
から法医学者に死因の公表を禁じているという。(同誌はスキャンダル専門
に扱っているがいつも真実だと確証されるわけではないとドイツメディアが付
け加えている)

また別の米メディアTMZによれば、ひどい腰痛のため2009年から処方された強
い鎮痛剤に依存していたとも新たに報じられている。

参考
Focus
Kurier.at