第88回アカデミー賞俳優部門のノミネートが20人全て白人だったことから、
一部のアフリカ系アメリカ人のなかで授賞式のボイコット運動が呼びかけらた。
ノミネート発表後からツイッターなどで、選考に関しての批難も起きていた。
これらの抗議を受けて18日、アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミー
のシェリル・ブーン・アイザックス会長が選考メンバーを見直すと発表した。
academy aword 2016
『マルコムX』などで知られる黒人映画監督スパイク・リーさんが白人主義の選考を
指摘、授賞式には参加しない意向を示した。

Sponsored Link


また映画『コンカッション』でゴールデングローブ賞、主演男優賞にノミネートし
ウィル・スミスたが、アカデミー賞では選考されなかった。
彼の妻で女優のジェイダ・ピンケット=スミスもフェイスブック上で
ボイコットを呼びかけていた。


ここで問題となっていたのは選考委員会に、男性・白人・年配者が多く、多様性に欠
けていることだ。現シェリル会長は、初のアフリカ系アメリカ人就任者3人目で、昨年新
たなアカデミー会員候補を発表した際には、多様性のある選考の実現を強調していた。
今回の選考メンバーの見直しには、ジェンダー、人種、民族、性的指向といったあ
らゆる面を含ませなければいけない。
大きな変革の時になるだろう。
授賞式は2月28日ロサンゼルスで行われる。

参考
Twitter
Spiegel