2014年11月30日

元俳優の菅原文太さんが28日午前3時、転移性肝がんによる肝不全のため死去、30日に福岡・太宰府天満宮で家族葬が行われた。

菅原さんはファッションモデルを経て、58年に映画俳優として本格デビュー。

渋い語り口と温かみある演技で愛され、映画「トラック野郎」、「仁義なき戦い」シリーズなどに出演し所謂任きょう系などでいぶし銀の存在感を発揮。

2012年11月には俳優業引退を宣言し山梨県で農業を営んでいた。

↓画像は菅原文太と高倉健とガッツ石松

buntasugawara

Sponsored Link


海外の反応・国内の反応

・またしても日本の名俳優が一人。。。ご冥福をお祈りします。

・R.I.P bunta…

・僕がSugawaraの事を初めて知ったのは「仁義なき戦い」この任侠映画は僕の中でマスターピースの一つ。RIP。

・日本のレトロな昭和時代の作品の映画が好きな自分にとって心に穴が空いたような感覚だ。

・日本の昔の映画を探求していくと欠かせない最重要俳優の一人。また彼の作品を見ようと思う。

・映画会の重要人物を失った悲しみは大きい。どうか安らかに。

・本当に大好きな俳優さんでした。 心よりご冥福申し上げます。

・昭和のスターが次々と亡くなっていくのは寂しいの一言。

・訃報の知らせ聴いてこれを聴きたくなった。

 

参照:

Facebook/Twitter