香港の人気俳優ジャッキーチェン(Jackie Chan)の映画撮影
のワンシーンのバスの爆発シーンの撮影がロンドン中心部で行
われ、何も知らない住民や観光客たちがテロかとの騒ぎになった。
jackey filmdrehen

撮影が行われたのはあらかじめ通行止めにしてあったロンドン
中心部テムズ川にかかるランべス(Lambeth)橋。2階建ての赤
いバスが橋上を走行中に大爆発、炎上するシーンだった。

Sponsored Link


ジャッキー・チェンやピアース・ブロスナン(Pierce Brosnan
)が出演する新作アクション映画「The Foreigner」の撮影である。
各国でテロ事件が頻発する中、本物さながらの爆発に、住民
や観光客はテロではないかと一時パニックになったそう。
このシーンの撮影に当たって、映画製作会社はあらかじめ近隣住民
等に対して通告していたというが、きちんと行き届いていなかったという。

ロンドンでは2005年地下鉄で自爆テロがあり56名が死亡100名がけが
をする事件があった。この事件の被害者遺族らが避難する騒ぎへと発展した。

 

【ロンドンでテロ?】ジャッキー映画撮影でバス爆破【爆発動画あり】への各国反応

無神経にもほどがある。

撮影許可をだしたロンドンもどうかしていると思う。

映画にとってはいい宣伝になったな

これはだれが見ても、テロだと思うぞ。