ハッカーによる脅迫でハリウッド映画「The Interview」の公開をソニーピクチャーズはキャンセルしていたが、
結局公開する事に決まったようだ。この決定は世界中を驚かしている。

ソニーピクチャーズは北朝鮮を皮肉にした映画「The Interview」の公開の中止を決定していたが、
ここに来て公開することを新たに決めた。すでに300強の映画館での公開が発表されている。
公開日はクリスマス12/25からとなっている。
さらには、ソニーピクチャーズはインターネットの動画チャンネル提供会社のYoutubeと共同して、
インターネットにおいても有料にてビデオを公開する。Youtube以外にもオンデマンド配信をする会社もあるようだ。

The Interview

Sponsored Link


ハリウッド北朝鮮皮肉映画は結局は公開決定への海外反応

オバマは北朝鮮の脅迫には全くビビっていないんだなwこれがイスラム国だったら話は別でしょうな。

制作側はこれでほっとしただろうね。

公開楽しみ!!

何事もないことを願ってます。

北朝鮮でも見れるのだろうか。。。

参照:
Bild