アメリカのオバマ米大統領は19日に大規模なサイバー攻撃を受け、
上映を中止した北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記が暗殺される映画について言及した。
オバマ氏は「それは謝った判断である」と語った。
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント側は反論し、
アメリカ国内での表現の自由をめぐる議論に発展している。

オバマ氏は、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントについて
「従業員が脅されることなど深刻な被害を受けていることに関しては同情する」としつつも、
公開中止は誤りであったのではないかと明らかにしている。
さらには「ソニー・ピクチャーズエンタテインメントはまず私に話をするべきだった」とし、
「犯罪的な攻撃に脅かされるようなパターンに陥ってはいけないと私は言っていただろう」と指摘している。
要するに、商業行為やスポーツの試合をテロに屈して中止するべきではないと強調していた。

これに対してソニー・ピクチャーズエンタテインメントのマイケル・リントン会長兼最高経営責任者(CEO)は
アメリカCNNのインタビューに中で、「私は確実にホワイトハウス高官に全てを打ち明けて
相談して助けを求めていたのです」と反論している。公開中止に関しては、
「劇場側の要請であり、我々は選択肢を持っていなかったのです」と話している。

obama_映画公開中止

Sponsored Link


オバマ氏・上映中止は誤りとアメリカの表現自由巡る議論への海外反応

これで北朝鮮ではなく、イスラム教国関係のサイバーテロリストの仕業だったら小浜市の発言も違ったんだろうな。

難しいテーマだよね。大丈夫と思っても本当にテロが起きる可能性もあるわけだし。

あくまで映画館がキャンセルを決めたわけであって、政治家がそうやって言うのは無責任だね。

実際映画館で事件が起こって誰が客側に謝罪するかと言えば、映画館だからね。

典型的な強いアメリカを見せたいんだろうね。。。

 

参照:

Welt
Asahi