2月23日にシリアへの渡航を計画していたとされる仏国籍の6人のパスポートが没収されたことを、
フランス治安当局筋によって発表された。

旅券を募集された6人のシリア行きは期日的に差し迫っていたと報じられている。
6人のパスポートと身分証明書は6か月間没収される。

昨年11月に成立したフランスのテロ対策強化法においては、
中東のイスラム過激派に合流するフランス国民の数に歯止めをかけるために、
当局に旅券の没収権を認める条項が設けられており、今回が初の適用例となった。

France_Passport

Sponsored Link


今回の措置に関して質問を受けたフランスのマニュエル・バルス(Manuel Valls)首相によれば、
同じような事例はもっとあるはずだろうと話している。バルス首相は先月に
フランスに居住する約1400人がシリアやイラクのイスラム過激派にすでに合流している、
もしくは渡航を計画している可能性があると話していた。
治安当局の情報によれば今回パスポートを没収された6人の以外に約40件の事案について現在捜査していると伝えられている。

参照:
Twitter
AFP