ドイツ人観光客を始め、世界からの観光客が犠牲になったトルコ・
イスタンブールでのテロ事件だが、独メディアヴェルトは、この事件を
受けて、トルコ当局がテロ首謀組織イスラム国と
繋がりがあると見られているロシア人3人を逮捕した事を伝えた。

Jihad Vlad

トルコ南西部のアンタルヤ(Antalya)の容疑者らが宿泊していたされる場所で、
疑いの書類やCDが押収された。また、12日か曜日に行われたトルコの複数の街
での家宅捜査で68人のジハディストが逮捕された。

主にアメリカや西ヨーロッパ諸国からイスラム国に戦闘員して渡航する若者が
いることは知られているが、ロシアからの渡航者も多いのが実情。特に、
イギリス人戦闘員、通称ジハディ・ジョンがイスラム国の絞首刑執行人として
知られていたが、爆撃で殺されたとされて以来、新たなロシア人の執行人が
現れた事が先日ドイツのメディアによって明らかにされていた。

その名も「ジハディ・ヴラッド」(Jihad Vlad)だ。本名は
アナトリ・ゼムリャンカ(Anatoly Zemlyanka)で、シベリア地方のノヤブリスク出身。

Sponsored Link


先日ジハディ・ヴラッドは絞首刑執行でのビデオの中でロシア語でメッセージを
送っていた。この中で、ロシア大統領ウラジーミル・プーチンを犬と罵り、
ロシアへの宣戦布告を誓い、多くのロシア人が犠牲になる事を話していた。

ジハディ・ヴラッドの動画

参照:
Welt
Bild
Twitter