イスラム国の指揮官ら55人が死亡

イスラム国がヨルダン軍パイロット、モアズ・カサスベ中尉(26)を処刑したとする映像を公開したことを受け、ヨルダン空軍は5日までにイスラム国に対する空爆を強化。事実上の報復とみられる。

ヨルダン政府幹部は、同国空軍が米国と協力の上、イスラム国が“首都”と称するシリア北部ラッカで空爆を始めたと地元メディアに明らかにした。

ラッカ周辺はカサスベ中尉が空爆したと伝えられる地域で、幹部は「中尉殺害を受けた空爆だ」という見方を示した。

また、イラクからの報道によると、ヨルダン軍は5日までにイスラム国の拠点都市であるイラク北部モスル周辺を空爆し、イスラム国の指揮官を含む少なくとも55人が命を失った模様と伝えられている。

Islamic State

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・まだ序章だ。これからもっと報復は激しくなるだろうね。

・報復の報復の被害を受けるのは市民。悲しいよ。

・アメリカが本格的に動き出したらあっというまにイスラム国も終わりだ。

・悪を倒すのは当たり前のこと。全力で支持する。

・悪い奴らだけをやっつけてやりたいけど難しいよね。

・イスラム国は全世界を敵に回しているようなものだしね。

・いいかい、こうやって戦争をしかけているのは一部の富豪たち。それも分かってくれ。

・戦争ビジネス。

 

参照:

Facebook