ドイツ誌フランクフルター・アルゲマイネの報道によると、
過激派組織「イスラム国(IS)」が化学兵器を所持し、
すでにシリアやイラクでマスタードガスを使用した
可能性があるという。
is chemischen waffen herstellen
化学兵器禁止機関(OPCW)のウズムジュ事務局長は、
イスラム国が化学兵器を生産できる可能性があると述べた。

昨年11月の報告ではシリア北部アレッポ近郊で8月にマス
タードガスが使用され、ISが攻撃に使ったとの見方が
出ていた。

Sponsored Link


イスラム国は、保管されていた化学兵器を調達した痕跡が
なかったことから、マスタードガスをはじめとする化学兵器を
組織内で自ら生産できる疑いがあると説明した。
かつてイラク旧フセイン政権で化学兵器の計画に関わった
イラク兵が現在イスラム国で活動している。
マスタードガスは皮膚のただれや呼吸困難を引き起こし、
化学兵器禁止条約で武器としての 使用や開発が禁止されている。

また、イスラム国には、武器・兵器大学なるものがあり、そこでは
爆弾の組み立て方を教えている。

参考
Spiegel
Twitter

イラクに大量破壊兵器はなかったんじゃなかったっけ?

フセイン時代の大量破壊兵器の噂よりもISの化学兵器の方がずっと現実味があって恐ろしい。

これってテロでつかわれるとまずいんじゃないか?

マスタードガスってカラシでできてるんじゃないんだ。そんな危険なんだ