「イスラム国」(IS)が、イラク北部にある世界遺産、ハトラ遺跡を破壊する映像をネット上に公開。

その動画はライフルを使って石像を次々に壊している模様を映しだしている。

ハトラ遺跡は紀元前の古代ローマ時代につくられた要塞(ようさい)都市で、ISが拠点とするモスルの南西約100キロに位置し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)は3月にISによる破壊行為を伝えており、映像はそれを裏付けた形になっている。

AP通信によると、言葉のアクセントから中東の湾岸諸国出身とみられる男の1人は映像の中で、「この遺跡は神でもないのに崇拝されている。だから破壊する」と述べていた。

またISはハトラ遺跡だけでなく支配地域内で、古代アッシリアの遺跡なども次々に破壊。

2月にはモスル博物館の収蔵品を壊す映像も公開していた。

Sponsored Link


isuramu_hakai