イギリス・ロンドンの15歳と16歳の学生の少女3人が過激派テロ組織イスラム国が支配するシリアに向かった可能性があり、
イギリス・ロンドン警視庁は写真を公開して情報を求めている。
少女3人はロンドンのガトウィック空港のコントロールを通った事が監視カメラを通じて確認されている。

London_girls_少女

Sponsored Link


ロンドン当局によれば3人の少女はイスラム教徒が多く住む東ロンドンの学校の同級生であり、
去年12月にシリアに行ったとみられている15歳の少女とも仲が良かったと伝えられている。
少女たちがイギリスを出国したのは2月17日の午後でと見られており、トルコ経由でシリアに向かったと報じられている。

イギリスでは今現在多くの学校が休みの期間であり、
少女たちは家族にはちょっと出かけてくると言って外出していたとのこと。
ロンドン警察ではウェブサイトなどで少女達の写真を公開し情報提供を呼びかけている。

イギリスではおよそ600人の若者らが過激テロ組織イスラム国の戦いに参加するためシリアやイラクに入ったとみられている。
またEU諸国からは若い女性たちがイスラム戦士と結婚することを理由に
シリアやイラクへ渡ったとみられるケースを多く確認されており、新たなヨーロッパの社会問題となっています。

参照:
Twitter
BBC
TBS