ガソリンスタンドでの彼らの振る舞いをとらえた監視カメラ映像

リオ米競泳選手強盗事件はねつ造

 

ブラジルリオデジャネイロで行われている夏季五輪。

競泳男子800mリレーで金メダルを獲得したアメリカのライアン・ロクテら4人
が14日の朝にリオ市内のタクシーで強盗にあったとの事件が数日前に報道
された。

事件に関しブラジル警察によると4人は強盗事件をでっち上げ、さらには選手
自らが暴れていたという。

当初アメリカ競泳男子のロクテ選手、グンナー・ベンツ選手、ジャック・コンガー
選手、ジェイムス・ファーゲン選手の4人はパーティーから戻る途中、警察の
ふりをした強盗にガソリンスタンドでタクシーを停車させられ、頭に銃を突きつ
けられたとロクテ選手が話していた。

Sponsored Link


後に同選手は、銃口は自分に向けられただけだと事件時の証言内容が変わ
ったり、他の選手らとの話がかみ合わなかったことから狂言だったのではと疑
われていた。

現場で本当は何が起きていたのか当初は不明だったが、ロクテ選手たち
の選手村近くのガソリンスタンドでの様子は監視カメラに捕らえられていた。
ロクテら4人はガスリンスタンドのトイレで暴れ、ドアを破壊し、さらにはガソリ
ンスタンドの壁に放尿したという。
その後、警察が呼ばれ到着するまでに、銃を持った警備員に現場にとどま
るように強いられた。彼らは破壊したドアの修理費を支払い帰ることが許さ
れた。

アメリカの国際オリンピック委員会は18日夜にブラジルのオリンピックホスト側に今回
のスキャンダルについて謝罪している。
米水泳連盟は処罰について考えているとエグゼクティブディレクターのチャック・ヴィ
エルグスが話している。

 

 

参考
Bild
Spiegel