日本代表FW本田圭佑が所属するイタリア1部リーグ(セリエA)、ACミランのシルビオ・ベルルスコーニ名誉会長は2日、ローマ市内で「クラブの株式75%を中国人実業家に譲渡」と明らかに。

現時点で、株式を買い取る中国人実業家は、以前から報じられている飲料メーカー「ミスター・ピンク」経営者ではないかとの見方が強い。

ミランが事実上、中国人オーナーとなったとしても、バルバラ・ベルルスコーニCEOはクラブに残る模様で中国人実業家は15億ユーロ(約1950億円)を支払うとみられている。

acmilan

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・セリエはどんどん売却されていくだろう。

・かつての栄光は。。。

・世界最強リーグだった頃が懐かしい。

・こんな状態になるなんて想像もしなかった。

・サッカーはビジネスだ。当然。

・ミランがかつての輝きを取り戻すのなら問題ないよ。

・まずはチーム再建、強くなることが重要だ。

 

参照:

Facebook