昨年11月、大西洋の海底でダイバーが120年前に醸造されたビールを発見した。

1880年ころ醸造されたカナダのアレクサンダー・キース( Alexander Keith)醸造所のもので
ハリファクスの大学の研究者アンドリュー・マッキントッシュ(Andrew MacIntosh)は、
「このビールはまだ飲める」と話し、味見をした。
120 jahre altes bier

マッキントッシュ氏は「このビールはまだ飲めるけど、おいしくはない」「焦げた香りと、
気の樽の臭さがある、窒素からくる、ミントのような味がして、少し塩の味と苦みがする」と印象を話した。
中の液体のpH-値は低いが、まだアルコールを含んでいて、毒性はないとの調査の結果がでた。

Sponsored Link


このビールは、瓶の構造と線の刻印から1872年から1890年に醸造されたようだ。

参照
http://www.n24.de/n24/Nachrichten/Panorama/d/7879074/so-schmeckt-ein-120-jahre-altes-bier.html
Twitter

【ダイバーが発見】120年前のビールの味はへの各国反応

奇跡の大発掘?!始めに味見をしようって言った人すごいね。罰ゲームだよ。

いくらビール好きの自分でもこれはいただけないっす。

世の研究者ってもの好きが多いね。