ナチス・ドイツを率いたアドルフ・ヒトラーが当時1914年に描いたとされる絵画がドイツ・ニュルンベルクのオークションハウスで競売にかけられるようだ。
ヒトラー自身元々は画家志望であったが、ウィーンの美大に落第し、その後は政治の道へ。
ナチスが引き起こした事は20世紀最大の悲劇と呼ばれる。このオークションハウスでの競売には世界各国から色々な反応を呼びそうだ。

Dieses Bild

Sponsored Link


海外反応は

ヒトラーがもし美大に入っていたら、ナチスは誕生しなかったのだろうか!?

買う人が現れたとしても絶対ドイツ人ではないだろうね。アメリカ人か日本人か。

世の中には物好きがいるからね。

参照:

die Welt