南米エクアドル東部のロスリオス州の、高速道路わきで
地元交通警察が珍しい動物を発見した。
polizei rettet faultier

道路わきのガードレールにしっかりとしがみつき動
こうとしないナマケモノだ。
どうやらナマケモノは高速道路を横断したいようだが、
動けずにいたらしい。

Sponsored Link


発見した警察官はこの画像をフェイスブック上に公開、
すると世界中からのアクセスが殺到した。
保護されたナマケノは交通警察の職員が獣医に連れていき
検査を受け、元気だとフェイスブックに報告。
後に、自然に戻り木にぶら下がるナマケモノの姿が投稿された。
しかし、そもそも動きの遅いナマケノのどうやってここにたどり着いたのか。。。


参考
Twitter
Facebook

El oso perezoso más famoso del mundo se encuentra feliz en su hábitat. Gracias a todos por preocuparse. *Las fotos…

Posted by Comisión de Tránsito del Ecuador on 2016年1月25日