海外のメディアはニューヨーク予備選で圧勝した共和党候補のトランプ氏が
バッファローでの演説で9.11テロ事件とコンビニチェーンのセブンイレブンを
言い間違えていたことを指摘し、話題になっている。

トランプ氏が911をセブンイレブンと言い間違える

アメリカ大統領選挙でニューヨーク予備選は最も重要な登竜門と言われる。
このNY予備選で共和党候補のドナルド・トランプ氏は60.5%を獲得し、
25.1%でジョン カシッチ氏に大差をつけ勝利。トランプ氏の最大のライバルで
テッド・クルス氏は14.5%獲得と惨敗を喫した。

今欧米で話題になっているのは、ニューヨーク予備選のキャンペーン中に
トランプ氏のニューヨーク・バッファローでの演説中の出来事だ。
トランプ氏は、ニューヨーク市の文脈で2001年9月1日に起こった
ニューヨーク同時多発テロに言及した。通語として9.11(ナインイレブン)と
言われているが、同氏は誤ってそれをセブンイレブンと発言。(7.11)
このミスに気付いた視聴者、マスコミはその後これについて報道。

Sponsored Link


トランプ氏のセブンイレブンと間違って発言の映像・問題発言は10秒目

トランプ・セブンイレブン発言への海外の反応

トランプが別ことに言及していたと思ったなら711の消防士に会って!

メキシコ系アメリカ人の女優のサルマ・ハエックはトランプ・セブンイレブン発言をあざ笑う。

ドナルド・トランプはコンビエンスストアで911を混乱させる。