ドイツで実験的に面白い試みがなされ今話題を呼んでいる。

一体それはどのようなものかというと、ドイツのHAWK大学のAmelie Künzler、Sandro Angel、Holger Michelさんの三人の学生が考案した街中ガジェットである。

具体的には横断歩道の対面の柱にピンポンゲームができるガジェットが取り付けてあり、向かい側の人と信号待ちしている間に対戦ができるというもの。

プロジェクトの名前はその名もStreetPong。

現在普及に努めているとで、実験的に導入されているドイツの街ヒルデスハイム(Hildesheim)で実際に使用することができるようです。

この新しい街中でのコミュニケーションツールがきっかけで新しい友達ができる可能性も!?

 http://www.streetpong.info/

germany_pingpong

Sponsored Link


実際の操作などの動画はこちら↓

海外の反応・世間の反応

・こりゃ新しい友だち作りのツールだね!

・流石ドイツだね、笑

・素晴らしいアイディア!!

・え、これフェイクだよ。

・そうなの?

・コンセプト動画のような気がする。

・確かにゲームが盛り上がってその後仲良くなるきっかけになりそう。

・来年の夏にドイツに遊びに行った時にやってみるよ。

・いいね、多分横断歩道渡れなくなっちゃうな、笑

・ドイツだから実現できることかな。治安が悪い国だったら恐らくぶっ壊される・・・

 

参照:

Facebook/boredpanda/YouTube