日本の長崎県の長崎市に属する端島(はしま)が幽霊島として海外で話題になっている。
日本では軍艦島(ぐんかんじま)の通称で知られている島だ。
端島は明治時代から昭和時代にかけては海底炭鉱によって栄えて、
当時は東京以上の人口密度を持っていたが、1974年に閉山されたことにより、
島民が島を離れてからは、無人島となっている。
軍艦島ツアーなどを通して島を訪れる事はできるが、
非常に不気味な雰囲気が漂っているようだ。

また世界遺産への登録運動が行われ、2006年8月に経済産業省が端島を含めた
明治期の産業施設を地域の観光資源として活かしてもらうために
世界遺産への登録を支援することが決定された。
2008年9月には九州・山口の近代化産業遺産群の一部として世界遺産暫定リストに追加記載されることが決まり、
2009年1月にはリストへ記載された。

また、2012年に公開となった007ジェームス・ボンド映画「Skyfall」ではボンドを演じるダニエル・クレイグは軍艦島で撮影を行った。
今この廃墟となった島に対して映画製作者広告制作者は大きな興味をもっているようだ。
島から人が去ってから数十年後になって島で収益が生み出される事を当時誰も想像していなかっただろう。

是非長崎へ行った際には日本の歴史ある場所として訪れてみる価値があるだろう。

hashima_軍艦島

Sponsored Link


日本の失われた島・端島(軍艦島)が海外で話題にへの海外反応

最近廃墟ブームですからね。

チェルノブイリの原子力発電所跡に行くツアーもあるくらいだからね。

ドイツのヒトラーの廃病院も見る価値あるよ〜

島1つが完全に廃墟となるっていうのは歴史的に見てもすごいことだよね。

福島も後数十年と経ったらそうやって廃墟ツアーみたいの出てきそうだな。

参照:
Yahoo Germany