Cat Eats Seafood Worth More Than $1,000 at Vladivostok Airport.then found cat-gourmet and called it Matroskin.

先日、ウラジオストク空港で6万ルーブル(15万円)の珍味を食べ漁って話題になった猫が地元ホッケークラブ「アドミラル」へマスコットとして引き渡されることになった。

元々このネコは空港内の海産物店に猫が入り込み、イカの燻製など珍味を食べあさったニュースになり、その後行方のわからなくなっていた。

広報官によると、猫のニュースが流れたとたんに空港には猫を飼いたいという電話が殺到。

ホッケークラブ「アドミラル」もそのひ一つでウラジオストクでは「アドミラル」の人気はとどろいていることから、見つかった猫はすぐにクラブに渡されることが決定。

猫は現在、空港で新たな飼い主との対面を待っているようである。

空港側の声明では、アドミラルは猫に代わって6万ルーブルを弁償する約束をしており、猫の名前も有名なソ連アニメの登場人物にちなんで「マトロスキン」と名づけられることが既に決まっている。

Vladivostok_cat

Sponsored Link


珍味を漁っている動画はこちら

海外の反応

・なんてネコだ!!うちにこい、沢山食べさせてやる!

・行方不明になってから電話殺到したんだね、笑 愛らしいから飼いたいと思った人多かったことでしょう。

・このネコはエリートコースだね。一気にマスコットになってしまうんだもん、笑

・アドミラルにとってはとっておきの広告塔だね!

・弁償金払っても元は取れるだろうね。このネコの恩恵は大きいだろう。

・素敵なエピソードだと思う、笑

・いたずら猫の華麗なる転身。

・マトロスキン、いい名前だね!

・是非うちで飼いたかったなぁ。

 

参照:

Facebook/YouTube