世界がポケモン探しにに夢中・事件やとんでもない海外ニュース

PokemonGo verursacht viele Porobleme

スマートフォンアプリ版のポケモンGoが7月頭よりアメリカ、ニュージーランド、オーストラリア等で
配信された。スマホの位置情報確認機能をつかい現実世界のいろいろな場所でポケモンを捕
まえるゲームだ。
グーグルプレーの販売ランキングでも1位のこの大人気のポケモンGoが配信された海外でで大小
さまざまな問題を起こしている。

Sponsored Link


アメリカ

ロサンゼルス・ゲームに夢中で交通事故

12日、ロサンゼルス警察に、玉突き事故があったと数件の報告があり、この事故はおそらく、
ポケモンGo好きの運転手が不注意で引き起こした可能性があるということで、同警察は
ツイッターで、運転中のポケモンGoを禁止するよう注意を呼び掛けている。

ミズリー州・未成年がポケモンGoユーザーに強盗事件

ポケモンGoの位置確認機能を使って居場所を探された10人のユーザーが強盗被害
にあったと米誌USA Todayが伝えている。
この強盗に関わったとして4人の未成年が警察に拘束された。

ワイオミング州・ポケモンの代わりに遺体を発見

19歳の女性がポケモンを自然の川から探そうとしていた。
少女は川岸を歩いて行くと、ポケモンの代わりに事故で亡くなった男性の遺体を川の中
で発見した。

ニュージーランド・ポケモンGoのために退職

24歳のポケモンGoファンの男性が、ポケモンを捕まえる旅に出るために仕事をやめ
同国のケープレギーナとインバーカーギル往復のバスを予約しその旅の間にポケモン
を見つける旅に出るという。
目標は人気のミューツーを捕まえることだと、同国のニュース番組に話している。

13日に配信され始めたドイツでも大人気

 

参考
twitter
Focus