日本が2020年に開催予定のオリンピックに向けて、
外国人旅行者用の地図にナチスを彷彿させるお寺のマークである卍をやめ、
新たなマークを作ることを計画している。このことは、物議をかもしている。

卍記号

国土地理院は外国人旅行者のための地図に卍を取りやめ、
新たな記号を作るとしている。
理由は、2020年の東京五輪に向けて、ナチスを彷彿とさせる卍マークで
外国人に誤解を与えないためだ。

Sponsored Link


しかし、この記号変更は物議を醸している。
多く挙げられる理由は、卍マークの方がナチスよりもはるかに
長い歴史を持っていることにより、変える必要はないのではないかというものだ。

日本が卍マーク取りやめ・2020年オリンピック向けてへの海外反応

変える理由がわからない。

ナチスより仏教の方が歴史はかなり長いんですよ。これは宗教を否定されているのと同じこと。

もしかして、いつものあの団体からの圧力ですか。氣志團も過去に絞られてたな。

郷に入ったら郷に従うと言うように、日本ではそれが普通なのです。

アメリカも国旗を変えたらどうだね。

参照:
BBC
Twitter