ドイツメディア・Focusは世界で最も危険な島と言われる、
ベンガル湾にあるセンチネル・アイランドについて特集している。
この島に近くづくと死の危険があると言われている。

この島についての情報は非常に少ない。
ただ、島に近くづくとそこの先住民は攻撃的になり、
外の人間を受け入れず、現代社会と隔離した生活をしている。
また、この民族は6万年以来そのセンチネル・アイランドで住んでいると言われている。

SentinelIsland

Sponsored Link


マルコポーロも自身の日記に隠喩的にそこの住民のことを描写していた。
「犬の目、耳、歯」

過去には、近づいた漁師2名が殺害されたとも報告されている。
そのようなケースが報告された事からインド政府は、そこの住民とコンタクトを取る事を禁じている。

その一方で病気などの理由からこの民族の絶滅も懸念されている。

世界で最も危険な島が話題に・孤立したアイランドへの海外反応

映画みたいな話しだね。

ていうか外の人間がそこの住民を邪魔しているように見えるんだけど。

ある意味、現代のモノが何か一つでもそこの島に入った時点で、歯車は狂い始めているんだろうね。

参照:
BBC
Twitter